狭小住宅なら狭い土地でも快適に暮らすことが可能

つみき

都会で立派な家を建てよう

土地の有効活用という観点から近年住宅地の供給が強くなっており、東京都も例外ではありません。特に東京都では狭小地に家を建てる狭小住宅が人気を呼んでいます。最近は優秀な設計士の登場により狭小地であっても理想的な家作りは十分可能となっています。メリットは価格が安いこと、生活に便利であることが挙げられます。

メンズ

脚光を浴びている住宅

東京でも近年、狭小住宅が注目されるようになりました。狭い土地を最大限に活かすことで、東京都心に一戸建てを購入することも可能になりました。狭小住宅は機能性やデザイン性に優れており、土地にかかる費用も割安のため人気も高まっています。狭小住宅のメリットを活かして東京の生活を存分に楽しみましょう。

住宅

近年人気の家のスタイル

狭小住宅とは、通常よりも小さな土地に建てられた家のことです。東京などの人気都市では、土地や家も高いためマイホームを諦めてしまっている、という人におすすめです。活用次第で可愛らしい家にすることも出来ますし、価格も安く手に入れることが出来るからです。

小さな家との付き合い方

住宅模型

楽しくて魅力的な暮らし

東京の一戸建て住宅の床面積の平均は、1970年代の始めに100m2を超えてからは以降増え続け、最近では、130m2のリビングルームを持つ住宅も珍しくありません。そんな中で、近頃100m2未満の狭小住宅が注目されているのは、若い世代の人達が初めて家を持つにあたり、東京の土地の購入から家の建築までを一気にやろうとすると、経済的な理由で選択している人もいます。ただ中には、家族も少ないから狭小住宅で構わない、あるいはその土地にどうしても住みたいからと選択している人もいます。狭小住宅で快適に暮らすには、小さな家を小さく使わないことです。とにかくものを増やさないことが大切です。収納スペースをたっぷり用意すれば物は溢れ出ないと考えても、狭小住宅に用意できる収納スペースには限りがあります。それに、収納スペースがあると安心して物をたくさん買おうという気持ちになるでしょう。溢れ出たものに囲まれて、身を小さくして生活するのは避けたいものです。また、限られたスペースを広く使うには、融通性を持たせた使い方を心がけましょう。この狭小住宅ですが、東京など土地が狭いところを有効活用するために建てる方法でもあります。時にミニ戸建てと呼ばれるケースもありますが、狭い分しっかりとしたデザイン計画や設計が求められます。いまはハウスメーカーも東京含めて多数いるので、ホームページなどの写真や実績などをチェックしながら依頼先を決めていきましょう。業者によって、窓や屋上など狭い土地だからこそ、収納スペース含めて数多く工夫を凝らしてくれるところがあります。