狭小住宅なら狭い土地でも快適に暮らすことが可能

近年人気の家のスタイル

住宅

安く手に入ります

狭小住宅とは、通常よりも小さな坪数の土地に建てられた家の事を指します。明確な定義はありませんが、15〜20坪程度の土地に建てられた家をそう呼ぶことが多いと言われています。一見すると不便そうな狭小住宅ですが、実は近年需要が高まってきており、建てる人が増えてきてるという特徴があります。特に、人気の都市東京は土地が高く、一軒家を建てたくてもなかなか手が届かない、という家族がたくさんいます。しかし、狭小住宅では、坪数が少ないため、土地代も家そのものの値段も、通常よりかなり安くすることが出来るのです。また、小さな土地でも住宅用として購入出来るため、土地探しも楽というメリットがあります。東京で家を建てたいけれどお金が足りず諦めている、という人にはおすすめの家なのです。さらに、狭小住宅はランニングコストも安いというメリットがあります。毎年徴収される固定資産税などの税金も通常と比べかなり安くなりますし、部屋数が少ないと、電気代なども安く済みます。また狭小住宅は、活用次第でおしゃれでかわいく見せることも可能です。隠れ家のような収納や、屋根裏などスペースを有効活用することで、楽しい我が家を作り上げることが出来るのです。このような様々なメリットから、狭小住宅は人気を高めてきています。東京だけでなく、人気の都市であればあるほど、狭小住宅を建てる割合も増えています。夢のマイホームを諦めてしまう前に、まずは東京付近で狭小住宅を建てられるような土地を探してみてはいかがでしょうか。